主な検査・設備

 レントゲン室・心電図・血液検査・尿検査・点滴室

健康診断

定期健康診断 雇用時健康診断
※その他お問い合わせください。

一般健康診断項目
1.既往歴および職業歴の調査
2.自覚症状および他覚症状の有無の検査
3.身長・体重・BMI・腹囲・視力および聴力の検査
4.胸部エックス線検査
5.血圧の測定
6.貧血検査(白血球数・赤血球数・血色素量など)
7.肝機能検査(GOT(AST)・GPT(ALT)・γ-GTP)
8.血中脂質検査(LDLコレステロール・HDLコレステロール・中性脂肪など)
9.腎機能(クレアチニン・尿酸・尿素窒素)
10.血糖値(ヘモグロビンA1c・グルコース)
11.心電図検査(安静時心電図検査)
12.尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)

オプション
13.大腸がん検査(便潜血検査)
14.追加血液検査(B型肝炎・C型肝炎)
15.追加血液検査(HIV)

※放射線量を低く抑え、撮影時間も短縮したレントゲン設備を準備しています。
※.6〜9.の項目は血液検査(外注検査)になります。血液検査の項目は、 診察により医師の判断で内容が追加されることもあります。
※13.便潜血検査は、医師が必要と判断した場合、もしくは希望者にのみ行います。
※便潜血検査・採血項目の追加を行う場合は、別途料金がかかりますことをご了承ください。

予防接種

 お子様の定期予防接種、インフルエンザ等各種予防接種

◆ 定期接種の種類と項目


定期接種とは、法律に基づいて実施される予防接種です。

◆水痘ワクチン

対象年齢(括弧内は標準的な接種時期) 回数(間隔)
初回 1〜3歳未満(生後12か月〜15か月)1回
追加 1〜3歳未満(初回接種後6か月〜12か月後)1回


◆BCG(結核)
対象年齢(括弧内は標準的な接種時期)回数(間隔)
生後1歳に至るまでの間(生後5〜8か月)1回


◆DPT-IPV四種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ)
対象年齢(括弧内は標準的な接種時期)回数(間隔)
1期初回 生後3か月から90か月に至るまでの間
(生後3か月〜12か月)
3回
(20日から56日)
1期追加 生後3か月から90か月に至るまでの間
(1期初回3回目を接種後12か月〜18か月)
1回


◆DT二種混合
対象年齢(括弧内は標準的な接種時期)回数(間隔)
2期 11歳以上13歳未満(小学校6年生)1回


◆MR麻疹風疹混合、麻疹単独、風疹単独
対象年齢(括弧内は標準的な接種時期)回数(間隔)
1期初回 生後12か月から24か月に至るまでの間
(生後3か月〜12か月)
1回
2期 平成19年4月2日〜平成20年4月1日の間に生まれた方1回


◆Hib(ヒブ)
対象年齢(括弧内は標準的な接種時期)回数(間隔)
1期初回 生後2か月から7か月に至るまで3回
(27日から56日)
1期追加 初回終了後7か月から13か月までの間隔をおく1回
2期初回 生後7か月に至った日の翌日から
生後12か月に至るまで
2回
(27日から56日)
2期追加 初回終了後7か月から13か月までの間隔をおく1回
3期 生後12か月に至った日の翌日から
生後60か月に至るまで
1回


◆肺炎球菌ワクチン(小児)
対象年齢(括弧内は標準的な接種時期)回数(間隔)
1期初回 生後2か月から7か月に至るまで3回
(27日以上)
1期追加 初回終了後60日以上の間隔をおく1回
2期初回 生後7か月に至った日の翌日から
生後12か月に至るまで
2回
(27日以上)
2期追加 生後12か月以降で、初回終了後60日の間隔をおく1回
3期 生後12か月に至った日の翌日から
生後24か月に至るまで
2回(60日以上)
4期 生後24か月に至った日の翌日から
生後60か月に至るまで
1回


◆子宮頸がん
対象年齢(括弧内は標準的な接種時期)回数(間隔)
平成9年4月2日〜平成14年4月1日の間に生まれた方
サーバリックス(2価)の場合
初回接種、1か月間隔で2回目、6カ月おいて3回目
ガーダシル(4価)
初回接種、2か月間隔で2回目、6か月おいて3回目
3回




◆ 任意接種の種類と項目


任意接種とは、個人の判断で接種できる予防接種です。新しく認可されるワクチンや、定期接種に組み入れられるワクチンなどの情報もフォローしていきたいと考えています。

◆流行性耳下腺炎ワクチン(おたふく)
対象:生後12カ月以上

◆インフルエンザ